VPSにデータベース(MySQL)の設定をしよう

VPSにインストールするソフトの中で、Webサーバーと並んでよく使うものとして、「データベース」があります。今回は、有名なデータベースソフトである「MySQL」のインストールと初期設定を紹介します。

 

■最もよく使われているデータベース「MySQL」

■MySQLのインストール

■MySQLの起動と初期設定

■phpMyAdminのインストール

 

 

■最もよく使われているデータベース「MySQL」

Webアプリケーションをはじめとして、大量のデータを処理する場面は多くあります。このような、大量のデータの処理に特化したアプリケーションとして、データベース(Database)があります。

データベースにもいろいろな製品がありますが、サーバーを中心に幅広く使われているデータベースとして、「MySQL」が有名です。商用ライセンスもありますが、無料で利用できるオープンソース版(MySQL Community Edition)もあり、レンタルサーバーなどで多用されています。

本記事では、VPSにMySQLをインストールする手順を解説します。また、MySQLの操作を行うWebアプリケーションとして、「phpMyAdmin」もインストールします。

 

 

■MySQLのインストール

MySQLのインストールは、次のコマンドで行うことができます。

 

リスト MySQLのインストール

sudo yum -y install http://dev.mysql.com/get/mysql57-community-release-el6-11.noarch.rpm

sudo yum -y remove mysql-*

sudo yum --enablerepo='mysql57-community*' -y install mysql-community-serv

 

また、PHPからMySQLに接続できるようにするために、PHP用のMySQLモジュールをインストールします。PHP 5.6をインストールした場合は、次のコマンドを実行します。

 

リスト PHP 5.6にMySQLのモジュールをインストールする

sudo yum -y install --enablerepo=remi,remi-php56 php-mysqlnd php-pdo

 

一方、PHP 7.0をインストールした場合は、次のコマンドを実行します。

 

リスト PHP 7.0にMySQLのモジュールをインストールする

sudo yum -y install --enablerepo=remi,remi-php70 php-mysqlnd php-pdo

 

 

■MySQLの起動と初期設定

MySQLのインストールが終わったら、起動して初期設定を行います。

 

・MySQLの起動

MySQLの起動は、次のコマンドで行います。

 

リスト MySQLの起動

sudo service mysqld start

 

・初期パスワードを調べる

MySQLが起動したら、「root」というユーザーの初期パスワードを調べます。まず、次のコマンドを入力します。

 

リスト 初期パスワードを調べる

cat /var/log/mysqld.log | grep "temporary password"

 

すると、次のようなログが出力されます(先頭の部分はログの日時なので、「YY」等の値は環境によって異なります)。この最後の「XXXXXXXXXX」の部分が初期パスワードです(初期パスワードも環境によって異なります)。

 

リスト 初期パスワードに関するログ

20YY-MM-DDTHH:MM:SS.MMMMMMZ 1 [Note] A temporary password is generated for root@localhost: XXXXXXXXXX

 

・mysql_secure_installationの実行

次に、「mysql_secure_installation」というツールを使って、MySQLの初期設定を行います。次のコマンドを入力して、このツールを起動します。

 

リスト mysql_secure_installationの起動

sudo mysql_secure_installation

 

この後、次の手順で初期設定を行います。

 

①最初に「Enter password for user root:」というメッセージが表示されますので、先ほど調べておいた初期パスワードを入力します。

 

②「The existing password for the user account root has expired. Please set a new password.」とメッセージが表示され、その後に「New password:」と表示されますので、rootユーザーのパスワードを自分で決めて入力します。ただし、パスワードは、半角英数字と記号を含み、8文字以上にします。

 

③「Re-enter new password:」と表示されますので、パスワードを再度入力します。

 

④「Do you wish to continue with the password provided?(Press y|Y for Yes, any other key for No) :」と表示されますので、「y」と入力してEnterキーを押します。

 

⑤「Remove anonymous users? (Press y|Y for Yes, any other key for No) :」と表示されますので、「y」と入力してEnterキーを押します。

 

⑥「Disallow root login remotely? (Press y|Y for Yes, any other key for No) :」と表示されますので、「y」と入力してEnterキーを押します。

 

⑦「Remove test database and access to it? (Press y|Y for Yes, any other key for No) :」と表示されますので、「y」と入力してEnterキーを押します。

 

⑧「Reload privilege tables now? (Press y|Y for Yes, any other key for No) :」と表示されますので、「y」と入力してEnterキーを押します。

 

 

・my.cnfファイルの設定の追加

次に、MySQLの設定ファイルに、設定を追加します。設定ファイル(my.cnf)をnanoで編集するには、次のコマンドを入力します。

 

リスト MySQLの設定ファイルをnanoで編集する

sudo nano /etc/my.cnf

 

設定ファイルを開いたら、一番最後までスクロールし、次の3行を追加して保存します。

 

リスト my.cnfに追加する行

character-set-server = utf8

default_password_lifetime = 0

innodb_file_per_table

 

・MySQLの再起動と自動起動

設定が終わったところで、次のコマンドを入力して、MySQLを再起動します。

 

リスト MySQLの再起動

sudo service mysqld restart

 

また、VPSを起動したときに、MySQLも自動で起動するように、次のコマンドを入力します。

 

リスト MySQLの自動起動

sudo chkconfig mysqld on

 

 

■phpMyAdminのインストール

次に、MySQLの操作ツールの定番である「phpMyAdmin」をインストールします。

phpMyAdminは、次のコマンドを入力することで、インストールすることができます。ただし、「インストール先ディレクトリ」のところは、Apacheの設定に応じて変えます。

バーチャルホストの設定をしていない場合は、「インストール先ディレクトリ」のところを「/var/www/html」に変えます。

一方、バーチャルドメインを設定している場合は、インストール先ドメインに対応するディレクトリに変えます。例えば、www.foo.comというドメインのファイルを「/var/www/www.foo.com」というディレクトリに設置するように設定した場合だと、「インストール先ディレクトリ」のところを「/var/www/www.foo.com」に変えます。

 

リスト phpMyAdminのインストール

sudo su

cd インストール先ディレクトリ

wget https://files.phpmyadmin.net/phpMyAdmin/4.7.0/phpMyAdmin-4.7.0-all-languages.zip

unzip phpMyAdmin-4.7.0-all-languages.zip

mv phpMyAdmin-4.7.0-all

mv phpMyAdmin-4.7.0-all-languages phpmyadmin

exit

 

インストールが終わったら、Webブラウザで「http://インストール先ドメイン/phpmyadmin/」にアクセスして、phpMyAdminのログインのページが表示されることを確認します。

また、「ユーザ名」の欄に「root」と入力し、「パスワード」の欄にはmysql_secure_installationで決めたパスワードを入力して、ログインできることも確認します。

 

 

 

うちだ
サービスクリエーション本部所属        (監修:とみなが)       

オススメ記事

関連サービス

VPS VPSクラウド