CMSって何?CMSの仕組みと導入する理由

Webサイトを一から作成する場合、相応の知識に加えて保守運用も考える必要があります。

従来だとWebサイトを更新する際は各種ツールを使ってHTMLやシステムを構築しサーバーに設置する作業が必要でしたが、CMS(Content Management System)を利用することで更新運用に加えてサイト制作自体も容易に行うことができます。

 

 

■CMSとは? – 仕組みとできること

■CMSのメリットとデメリット

 

 

■CMSとは? – 仕組みとできること

CMS(Content Management System)とはHTML、CSSや画像などをまとめて管理し、Webページを簡単に作成・管理・運用が行えるシステムです。

大まかな仕組みとしては管理画面で特定の情報を入力、データベースに蓄積し、入力したデータをもとにテンプレートにデータを当てはめてページを展開します。

 

ページを展開する方法として、テンプレートを元にデータを当てはめたHTMLデータをファイルとして静的ファイルを構築するタイプと、ファイルは生成せずそのままHTMLデータを動的に展開するタイプがあります。

有名なところでいうとMovableTypeが静的ファイル生成タイプ、WordPressが動的生成タイプになります。

 

前述したテンプレートは、オリジナルで作成することももちろん可能ですが、出来合いのテンプレートを利用することも可能です。

テンプレートは無料で配布されているものから有料版の高機能なものまで幅広くインターネット上で配布されており、自分の好みのデザインを見つけて導入することで簡単にリッチなデザインのWebサイトを作成することができます。

 

また、CMSにはクラウドタイプも存在し、契約をすることでサーバーとセットで利用できるサービスもあります。

この場合は、事前にサーバーを用意する必要もなく利用することができます。ランニングコストがその分かかりますが、CMSやサーバーミドルウェアのバージョン管理などもベンダーが行ってくれるので、運用コストやハード面の管理負担やリスクを抑えることができます。

 

 

■CMSのメリットとデメリット

そんな便利なCMSですが、もちろんメリットとデメリットの両方が存在します。CMSの種類によって若干の違いはありますが、一般的なポイントについて紹介していきます。

 

【CMSのメリット】

・テンプレートを使用することでコンテンツやソースを一元管理できる。

CMSではテンプレートを利用してWebサイトを構築します。従来はヘッダーやフッターの共通パーツを更新する際、同じ記述がある全ページを変更する必要がありました。これをテンプレートで共通パーツを作成してソースを一括管理することで更新にかかる作業コストを最小限に抑えることができます。

全ての記事や一覧へのリンクをテンプレートで管理するのでリンク切れなども起こりにくくなります。

 

 

・デザインやHTMLの知識がなくてもページを作成することができる。

ブログを投稿するようにデータを登録することで、簡単にページ生成を行うことができます。

テンプレートによって一覧ページや詳細ページの体裁が整っているので、Webサイトに統一感を与えることができます。

また、テンプレートの機能によっては、管理画面から画像をアップロードしたり、設定を変えることでメインビジュアルや見栄えの変更が容易に行えます。

 

 

・プラグインを利用することで簡単に機能追加できる。

これまで、サイトに追加機能を付与する場合は独自に開発を行う必要がありましたが、プラグインを利用することで簡単にWebサイトに機能追加を行うことができます。

例えば、プラグインを使って問い合わせフォームを作成する場合、管理画面でフォームの形式やメールの送信先設定、自動送信メールの内容を記載するだけで簡単に問合せフォームを導入することができます。

 

・Webサイトの運用コストを下げることができる。

管理画面にログインさえすればいつでもどこでも更新が行えるので、素早い運用が可能です。

また、ユーザ権限によりコンテンツごとに担当者を分けたりワークフローを使うことで公開管理を行うこともできます。

更新する際に事前に時間を指定しておけば、その時間に自動で公開させたりサイトのバックアップ、移転も簡単に行えるなどWebサイトの運用コストを格段に下げることができます。

 

 

【CMSのデメリット】

・CMS毎に決まった機能・仕様が存在し、利用言語が異なる。

例えば、クラウド型CMSではサーバーからシステムまで出来上がったものが提供されているため、機能やカスタマイズが限定される可能性があります。

またCMS毎に開発言語が異なるため、利用するCMSによりカスタマイズ方法や機能仕様を把握する必要があります。

 

 

・セキュリティホールを考慮する必要がある。

近年、CMSを利用しているサイトを標的としたサイバー攻撃が頻発しています。オープンソースであるWordpressは特にその被害に遭いやすいため、バージョンアップやXSS攻撃・ブルートフォース攻撃対策などのセキュリティ対策を行うことをお勧めします。

他にも、管理画面へのアクセスを制限したり二段階ログイン認証を導入するのも一つの手段です。

ただしバージョンアップを行う際は、利用しているプラグインが新しいバージョンに対応しているか確認することが必要です。

物によってはバージョンアップした際に利用しているロジックが変更、削除されてしまい、プラグインが動作せず不具合を起こす可能性があります。

 

 

Webサイト運用に便利なCMSですが、利用するにあたっての懸念やリスクを踏まえた上で構築したいWebサイトに合わせてCMS毎の特質を考慮し、選定調整を行いましょう。

 

 

 

 

うちだ
サービスクリエーション本部所属        (監修:とみなが)       

オススメ記事