サブドメインを設定してウェブサイトを公開してみよう!

Webサイトを公開するにあたり、サブドメインの設定を行います。

そのままの状態でWebサイトを作成することも可能ですが、用途に合わせてドメイン名を分け、それぞれのドメインをうまく活用することで、サイトの運用管理がスムーズに行えるようになります。

 

■ドメインの構造と仕組み

 

■サブドメインを追加で割り当てる

 

■ドメインの構造と仕組み

ドメイン名は「.」ドットで分けられた文章構造になっています。

 

https://blog.arena.ne.jp

 

を例とすると、ドメイン名に当たる部分は「arena.ne.jp」になります。

さらに分解すると「.jp」をトップレベルドメイン、「.ne」をセカンドレベルドメインといいます。

「blog」の部分はホスト名といい、任意の文字列を付与して別のドメインとして扱うこともできます、これをサブドメインといいます。

サブドメインは自由に作成することができるので、テスト環境や別サイトなど、サイトを分けたい際に使用しましょう。

 

 

 

■サブドメインを割り当てる

SuiteXでは、ドメイン取得を同時に行なった場合、DNSの割り当てなども自動で行います。

この状態では、/home直下がドキュメントルートとなります。

例えば、Webサイトを運用するにあたってテスト環境を同サーバーに置く場合、割り当てたドメイン直下にディレクトリを設置し、

 

http://arena.ne.jp/test/

 

といった形でテスト環境を作成することができます。

しかしこの方法は本番環境に比べて1階層下がった形になるため、システムとの整合性が取れなかったり、コンテンツが増えてきた際にサーバー内のソースファイルが乱雑になりがちです。

そこで、サブドメインを設定してそれぞれドキュメントルートを分け、本番環境と同様の環境を作り開発・管理運用をしやすくしてみましょう。

 

サブドメインとは、ドメインにホスト名をつけたものです。

 

サイトマネージャーにアクセスし「ドメイン」→「子ドメインの追加と削除」を選択します。

ドメイン名に設定したいサブドメインを入力、サブドメインでのメールアドレスは必要に応じて設定してください、今回は利用しないにチェックをいれ、「新規追加」ボタンをクリックしてください。

 

図1 子ドメインの追加と削除

図1 子ドメインの追加と削除

 

すると結果が表示されます。

「新規登録」ボタンをクリックします。

 

図2 子ドメイン(サブドメイン)の登録

 

子ドメインとしてサブドメインが登録されます。

 

次に、マルチドメインツールをクリックします。

ここでは、ドメインによってサーバー内のディレクトリを分けることができます。

 

すでに設定されている親ドメインと先ほど追加した子ドメインにチェックをいれ、「設定内容を生成する」ボタンをクリックします。

 

図3 マルチドメイン設定

図3 マルチドメイン設定

 

すると.htaccessファイルへの記述が表示されます。

このまま「設置する」ボタンをクリックしてください。

 

図4 .htaccessファイルへの記述が表示

図4 .htaccessファイルへの記述が表示

 

先ほど表示された内容の.htaccessファイルが/home直下に設置されます。

この状態で/home直下にそれぞれのドメイン名のディレクトリを作成します。

ディレクトリの作成自体は自動で行われないので、FTPソフトなどを使って/home直下に作成します。

 

図5 ディレクトリの作成

図5 ディレクトリの作成

 

試しに、それぞれのディレクトリにそれぞれtest.txt、test2.txtを設置し、ブラウザでアクセスしてみましょう。

http://catpunch.org/test.txt

http://test.catpunch.org/test2.txt

 

それぞれ正しくファイルが表示されれば成功です。

 

サブドメインをうまく使えば、今後新たなシステムを簡単に導入でき、拡張性の高いWebサイトを作成することができます。

ぜひ活用してみてください。

 

 

 

 

うちだ
サービスクリエーション本部所属        (監修:とみなが)       

オススメ記事