Webサイトを作るために、まずはレンタルサーバーを契約しよう!

Webサイトを立ち上げるためにはWebサーバーが必要になります。

一から全てWebサーバーを用意するには相応の知識が必要になりますが、レンタルサーバーを借りることで必要なものが事前に用意されたWebサーバーを確保することができます。

今回はWebARENA SuiteXを例に挙げて、レンタルサーバーを契約してみましょう。

 

 

■レンタルサーバーの契約を始める

■名づけてねっとでドメインを取得する

■SuiteXの契約を行う

 

 

■レンタルサーバーの契約を始める

まず、WebARENAのサイトにアクセスします。

 

https://web.arena.ne.jp/

 

共用レンタルサーバーSuiteXをクリックします。

図1 WebARENAトップページ

図1 WebARENAトップページ

 

 

「オンライン申し込みはこちら」をクリックします。

図2 SuiteXトップページ

図2 SuiteXトップページ

 

 

 

Webサイトを構築する上でWebサイトに誘導するURLが必要です。

好きなURLを設定するには独自ドメインを取得してください。

WebARENAでは、ドメインの新規取得(「名づけてねっと」)も同時に行えるので、今回は「ドメインの新規取得+SuiteXのお申し込み」の「お申し込みはこちら」ボタンをクリックします。

図3 SuiteXお申し込みページ

図3 SuiteXお申し込みページ

 

「名づけてねっと」の申し込み画面が表示されます。

 

 

■「名づけてねっと」でドメインを取得する

「名づけてねっと」の画面上で取得したいドメインを検索します。

ドメインは他のユーザと同じものは取得できないため、この画面でドメインが取得されているかを確認します。

 

ドメインは「AAAA.com」のようにドットで分けられた名前で構成されており、AAAAの部分は好きな名前を設定することができます。

ドットの後の部分はトップレベルドメインと呼ばれ、いくつかの種類が決まっており、その中から選択する形になります。

トップレベルドメインは、

 

【用途に応じた分野をあらわすもの】

・com…商業組織用

・net…ネットワーク用

・org…非営利組織用

 

【国や地域をあらわすもの】

・jp…日本

・uk…イギリス

・cn…中国

 

などが存在します。

これらを組み合わせて、誰にも取得されていないドメイン名を探します。

 

まず、ドメイン名のテキストボックスに取得したいトップレベルドメイン前の名称を入力します。

次に、検索したいラベルを選択します。ひとまず全てにチェックを入れて検索してみましょう。

 

 

図4 ドメインの登録①

図4 ドメインの登録①

 

 

すると、検索結果が表示されます。

×がついているドメインはすでに他のユーザに取得されているドメインです。

取得されていないものを結果画面で探して、「選択する」をクリックします。

トップレベルドメインの種類によって取得する金額がかわるのでよく確認しましょう。

ここまでがドメイン名の決定に関わる作業となります。

図5 ドメインの登録②

図5 ドメインの登録②

 

 

次に、プランを選択します。

「セット申し込み」でSuiteXを選択します。

ドメインは基本年額支払いになりますので、まずは1年プランを選択してください。

 

その他の項目はそのまま「次へ」ボタンをクリックします。

図6 ドメインの登録③

図6 ドメインの登録③

 

 

利用規約の画面では「契約IDの新しい契約者IDを作成する」にチェックを入れ、さらに利用規約をご確認のうえ「利用規約に同意する」をチェックして「次へ」ボタンをクリックします。

図7 ドメインの登録④

図7 ドメインの登録④

 

 

次にWHOIS情報を入力します。WHOISとは、そのドメインを取得しているのが誰なのかを登録するものです。

ドメインに関する国際機関であるICANNにてWHOIS情報を正しく提供することが義務付けられているため、「名づけてねっと」でもそのルールに準拠しています。

必須項目を画面の指示に従い全て入力して「次へ」ボタンをクリックしてください。

お支払い情報で支払い方法を選択し「次へ」ボタンをクリックします。

最後に、内容確認画面でそれまで入力した内容を確認し問題なければ「登録する」ボタンをクリックします。

上記で名づけてねっとのドメイン取得手続きは完了です。

 

次にSuiteXの申し込みを行います。

 

■SuiteXの契約を行う

「SuiteXを申し込む」ボタンをクリックすると利用規約が表示されます。

内容を確認し「同意する」ボタンをクリックします。

図8 SuiteXの申し込み①

図8 SuiteXの申し込み①

 

ドメイン入力の画面が表示されます。

今回はドメインを同時に取得しているので取得するドメインとDNSサーバーが選択されてる状態になっているのでそのまま「次へ進む」をクリックします。

図9 SuiteXの申し込み②

図9 SuiteXの申し込み②

 

契約情報入力の画面が表示されます。

「名づけてねっと」で入力した内容がすでに入力されている状態ですが、足りない情報があった場合は追記し「次へ進む」ボタンをクリックします。

 

請求書情報入力の画面でも情報が引き継がれている箇所がありますが、改めて確認して「次へ進む」ボタンをクリックしてください。

入力内容を確認する画面が表示されるので各種情報を確認し、問題なければ「登録」ボタンをクリックして申し込みが完了です。

申し込み完了画面を印刷して保存しておきましょう。

 

手続きが完了次第、開通の連絡が登録したメールアドレス宛に届きます。

これでドメインとWebサーバーの確保ができました。

開通の連絡にはサーバーのIPアドレスやコントロールパネルについての情報などが記載されているので大切に保管しておいてください。

 

 

これでWebサイトを展開するのに必要なサーバーの準備が整いました。

サイトを展開するためのHTMLやシステムを用意してサーバーにアップロードすればWebサイトとして公開することができます。

 

 

 

 

うちだ
サービスクリエーション本部所属        (監修:とみなが)       

オススメ記事