ドメインの種類とサブドメインの使い分け

前回は、ドメイン(domain)とは何か?から、取得に関する費用について解説しました。今回はドメインを取得する際に必要となる構成要素やのドメインの種類、使える文字などについて書きたいと思います。

 

■ドメインの種類にはいろいろとある

■サブドメインをうまく使い分けよう

 

 

■ドメインの種類にはいろいろとある

ドメインといっても、その構成要素はいくつかに分類され、それぞれ意味や目的をもっています。ドメインを取得する際にはドメインの用途を考慮し、最適な文字列で構成されるドメインを取得する必要があります。

トップレベルドメインとは「com」や「net」「jp」などドメインの中でも「.」で区切られた一番右側の部分のことを指します。国や地域、または組織や団体などに応じたトップレベルドメインがあり、用途に応じて使い分けられます。

 

トップレベルドメイン

トップレベルドメイン

 

 

トップレベルドメインの種類の1つとして汎用トップレベルドメインgTLD(Generic Top Level Domain)」と「国別トップレベルドメインccTLD(country code Top Level Domain)」があります。

 

・「汎用トップレベルドメインgTLD(Generic Top Level Dmain)

「汎用トップレベルドメインgTLD(Generic Top Level Dmain)は利用者の国や地域といった地理的な制限なしに誰でも登録、利用できます。

 

 

gTLD名 用途や登録対象
com 企業や商業組織
net 主にネットワークサービスの提供者
org 非営利組織
biz 商業利用者
museum 博物感や美術館等

 

gTLDには、「com」「net」「org」のほかに、商業利用者となる「biz」、博物館や美術館となる「museum」などがあります。また、新gTLDと言われるトップレベルドメインがたくさん追加されており、「.club」「.email」「.services」「.media」「.xyz」などの一般名称や、地理的名称を用いた「.tokyo」「.nagoya」「.yokohama」他多数が販売されています。

 

 

・「国別TOPレベルドメインcc TLD(country code Top Level Domain)」

「国別TOPレベルドメインcc TLD(country code Top Level Domain)」は、国や地域などの領域ごとに割り当てられるドメインで、基本的にはその国や地域に在住する個人(団体)でないと取得できません。

例えば、日本という国を示す「jp」はccTLDに該当します。ccTLDでは世界中の国や地域を2文字で表しており、米国なら「us」、韓国なら「kr」、オーストラリアなら「au」といった具合に表記します。WebサイトのURL欄のトップレベルドメインに「jp」と記されていたら、日本のWebサイトだとすぐに分かるわけです。

 

 

・サブドメイン

ドメインを分割するときに使われる文字列をサブドメインと呼びます。例えば「○○○.com」というドメインを「△△△.○○○.com」などのようにして区分けすることができます。このとき、「○○○.com」の前に挿入した文字列(△△△)がサブドメインです。同じドメインを使用していても、独立した異なるサイトとして運営できるのがメリットです。1つのドメインを、用途や目的に応じて複数に使い分けられるようになります。

 

サブドメイン

サブドメイン

 

 

■サブドメインをうまく使い分けよう

 

・サブドメインのメリット/デメリット

サブドメインは、1つのドメインを用途や目的別に分割して利用する際に使われます。レンタルサーバー事業者によってサブドメインの利用できる数や料金は異なりますが、独自ドメインを1つ取得しておけば、複数のサブドメインを安価で利用することができます。

 

メインサイトの内容に対して、より専門的な内容を網羅するサテライトサイトを複数運用する場合などにも、サブドメインは有効です。独自ドメインの内容とテーマが異なるWebサイトを立ち上げる時や、独自ドメインとは切り離して新しいWebサイトを運用したい場合は、サブドメインを選ぶといいでしょう。

また、親ドメインを管理するドメインネームサーバー(DNSサーバー)に負荷がかかりすぎている場合、サブドメインを別の環境で管理することにより負荷を分散できます。人的リソースの問題からドメインネームサーバーの管理業務を分散させたい時にも有効です。

 

逆にサブドメインでの運用は、SEOの評価(検索エンジンの結果ページでの表示順位)の面で不利になることがあります。独自ドメインで長期間運用してきたWebサイトが検索結果ページの上位に掲載されている場合、そのドメインは検索エンジンから評価を得ていると考えられます。このプラスの評価がサブドメインに反映されないことがあるため、この点はデメリットの1つです。これはサブドメインそれぞれが別々の「独立したサイト」ととらえられ、各々で異なる評価を得ていくためです。

企業や組織によって、「事業ごとに別の新規ドメインを持って、独立させて使いたい」「取り扱う分野が補完的なので、メインサイトを中心に据えてサブドメインで運用したい」など、様々なニーズが考えられます。年月を重ねるうちにWebサイトの運用が複雑化していくことも多いので、将来的なビジョンも見据えてルール作りをし、それぞれに合った方法を選択してください。

 

 

・サブドメインと、サブディレクトリ

サブディレクトリとは、「○○○.com/△△△/」の△△△というように表される、元ドメインの中にあるディレクトリ(フォルダ)のことです。ドメインの後ろに「nadukete.net/▲▲▲」のようにつく文字列のことで、そのディレクトリの中で新しいWebページ群を作成し運用していく方法もあります。サブディレクトリでの運用は、面倒な設定が不要でコストもかからないのが特長です。
サブディレクトリは、元ドメイン「○○○.com」のSEO評価をある程度引き継ぐとされています。元ドメインを取得してから長い期間が経過していて、検索エンジンで上位表示されるWebサイトに育っているのであれば、「ドメインパワーがある」と考えられます。ドメインパワーを蓄え続けてきたメインサイトがすでにあるなら、新しいドメインやサブドメインでWebサイトを立ち上げるよりサブディレクトリでページ作成し運用するのがおすすめです。

 

サブディレクトリ

サブディレクトリ

 

 

 

 

うちだ
サービスクリエーション本部所属        (監修:とみなが)       

オススメ記事