ドメインとは…?

ドメイン(domain)とは、簡単にたとえると「インターネット上の住所」です。インターネットという空間の中でホームページを公開するときには必ず必要となります。今回から数回にわたり、ドメインの役割や仕組みについて理解するための基礎知識を解説していきたいと思います。

 

■ドメインとは…?

■世界中で唯一のドメイン

■ドメインはIPアドレスを書き換えたのも

■独自ドメインの取得に向けて調べてみよう

■レジストラの選び方

■新規取得時と更新時の費用

 

 

■ドメインとは…?

ドメインとは、インターネットに接続されるコンピュータの住所にあたります。本来、ドメイン(domain)には範囲や領土、領域などの意味がありますが、インターネットの世界においては、コンピュータやネットワークを識別するときに用いられます。

 

例えば「○○○株式会社」という企業の場合、「○○○.co.jp」というドメインを取得し、インターネットに接続するコンピュータにそのドメインを設定して、企業を紹介するホームページを公開したり、従業員のメールアドレスを作成し利用することができます。

 

ドメインとは

ドメインとは

 

メールアドレスやホームページのアドレスのドメインだけ見れば、どの企業に属している人なのか、あるいはどのサービスを紹介するWebサイトなのか、おおよそ分かるようになります。

 

 

■世界で唯一のドメイン

「☐☐☐.com」や「△△△.or.jp」で表されるドメインは、世界中にふたつと同じものはありません。インターネット上の「住所」を示しているわけですから、ドメインが重複すると、コンピュータやネットワークを特定できなくなってしまいます。

 

ですが、中には非常に似ているものも数多くあります。例えば「○○○.com」と「○○○.net」。「○○○」に該当する文字列は同じだとしても、その後に続く「.com」と「.net」が違うため、これらはまったく別のドメインになります。
ただし、英語の大文字と小文字は区別しないのが原則です。中には、大文字と小文字の英数文字が混在したドメインがありますが、これらは小文字だけの文字列で表されているドメインと同じものになります。

一見すると「別物」と思ってしまいますが、これらの区別はないので注意しましょう。

 

 

■ドメインはIPアドレスを書き換えたもの

「IPアドレス」とは、インターネットに接続する、あるいは社内ネットワークに参加するときなどに必要になります。ドメインは、この「IPアドレス」を異なる形で言い表したものになります。

「IPアドレス」は「192.168.0.1」などの決められた配列の数字が組み合わさって示されます。これがインターネットに接続する世界中のコンピュータに割り当てられているのです。IPアドレスが重複するとコンピュータも重複してしまうので、IPアドレスに同じものはありません。

なお、自宅や組織のネットワークごとに同じIPアドレスとなるコンピュータがあるかもしれませんが、これらは外部のインターネットと接続するときには、別のIPアドレスが使われているので重複しても問題ないのです。
IPアドレスは数字だけを組み合わせているので、人が識別するのが難しくなりがちです。そこでIPアドレスを「☐☐☐.com」や「△△△.or.jp」というドメインを含んだ文字列に置き換えて利用しているのです。ドメインは、コンピュータを識別するためのIPアドレスを、分かりやすく運用できるようにと考えられた仕組みなのです。

 

 

■独自ドメインの取得に向けて調べてみよう

使いたいドメインが決まったら、まずはそのドメインが利用できるかどうかを確認します。ドメインはインターネットにおける住所のようなもので、それぞれが世界に1つだけである必要があります。申し込もうとしているドメインをすでに他の誰かが使っている場合には、取得することはできません。早い者勝ちなので、希望するドメインがある場合は早めに申し込み手続きをしましょう。

 

ドメインが使えるかどうかは、いろいろなWebサイトで調べられます。以下のように名づけてねっとのトップページからも、会員登録なしで確認できます。

 

名づけてねっと

名づけてねっと

 

検索窓に使いたいドメインを入力して検索してみましょう。例えば、○○○.comというドメインを使いたい場合、検索窓に○○○と入れ、「.com」にチェックを入れて検索します。そうすると、利用可能かどうかが表示されます。希望のドメインの種類ではすでに使われている場合もあるので、「.jp」や「.net」など、他の種類でも検索してみましょう。

ここで気をつけなくてはいけないのは、ドメインの種類によっては1つの会社・組織・団体において1つしか取得できないものがあるという点です。「.co.jp」は日本国内で登記を行っている企業のみが使え、1企業で1つしか取得できません。同様に、「.ac.jp」は日本国内に所在地のある1つの教育機関に対して1つだけと決められています。これに対して、「.jp」や「.net」「.org」などは個人でも法人でも申し込み可能で、複数取ることができます。

新規申し込み時は、どの種類を選択するか、また所属している組織内で取得数に制限のあるドメインを持っていないかなども確認する必要があります。

 

 

■レジストラの選び方

複数あるレジストラ(ドメイン管理事業者)から1つに絞る際、ポイントになるのはサーバー管理とドメイン管理を一緒に任せるかどうかという点です。多くのサーバー管理事業者は、ドメイン取得や更新手続きを含めたトータルサービスを提供しています。サーバーとドメインの管理を一括で任せることができるので、手間が少なく、費用も抑えられるのが大きなメリットです。

名づけてねっとでも、サーバーとドメインをセットで申し込んだ場合、お得な料金が適用になります。「面倒な手続きを省きたい」「手間なく簡単にドメインを取りたい」という方には、サーバーとドメインを一括で管理できるレジストラを選ぶのがおすすめです。

 

レンタルサーバーセット価格

レンタルサーバーセット価格

 

 

■新規取得時と更新時の費用

独自ドメインの新規申し込み時には、ドメインの種類に応じて異なる料金が発生します。この料金は、レジストラによって様々です。初回の支払いで、契約期間を選択します。1年、2年、5年など、契約期間もレジストラによって様々。長期契約であれば、割引が適用されることもあります。ドメインは、一度取ったら長期間使用するケースが多いので、初回費用だけでなく更新費用まで見据えて選択しましょう。

 

また、新規申し込み時に決めた契約期間が経過し継続利用する場合には、ドメインの更新費用が発生します。この時にも、レジストラとドメインの種類によって複数年の契約期間を選択できることがあります。契約期間、ドメインの種類によって更新にかかる費用は異なりますが、多くの場合新規取得時と同じ金額になります。またドメイン更新の手続きの方法もレジストラにより異なりますが、自動更新でないレジストラで更新手続きを忘れてしまった場合、ドメインが解約されてWebサイトが閲覧できなくなった、メールが送受信できなくなったなどのトラブルをよく聞きます。ですからドメイン更新するための手続きをよく確認し、忘れずに必要な手続きを行うことが大切です。

 

 

 

 

うちだ
サービスクリエーション本部所属        (監修:とみなが)       

オススメ記事